メニューへジャンプ 本文へジャンプ

このページはTOPの中の行事・報告の中の表彰のページです。

表彰

第51回〜第59回の表彰内容

  論文名・業績 会誌掲載巻号数 所属 名前
第59回 論説賞 秋田地域における女川層タイトオイルの可能性

第79巻第1号

西オーストラリア大学 亀井 理映
西オーストラリア大学 三善 孝之
西オンタリオ大学 ゲルハルトプラット
(独)石油天然ガス・ 金属鉱物資源機構 高梨 将
国際石油開発帝石(株) 柾谷 将吾
業績賞 直江津LNG基地の建設および運開   国際石油開発帝石(株)  
  論文名・業績 会誌掲載巻号数 所属 名前
第58回 論説賞 秋田地域における女川層タイトオイルの可能性

第78巻第1号

石油資源開発(株) 横井  悟
石油資源開発(株) 早稲田 周
石油資源開発(株) 辻   隆司
業績賞 産油国技術者研修事業   独立行政法人石油天然ガス・金属鉱物資源機構  
  論文名・業績 会誌掲載巻号数 所属 氏名
第57回 論説賞 「AVOインバージョンによるオイルサンド貯留層の砂岩分布予測」 第77巻第1号 (独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 加藤 文人
業績賞 「ベトナム・ランドン油田におけるCO2-EORパイロットテスト」   (独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構  
JX日鉱日石開発株式会社
  論文名・業績 会誌掲載巻号数 所属 氏名
第56回 論説賞 「繰り返しラテン超方格法を用いたCO2地中貯留における坑井配置の大局的最適化」 第76巻第3号 東京大学大学院工学系研究科 合田 隆
東京大学大学院工学系研究科 佐藤 光三
業績賞 「二酸化炭素を有効利用するJAPAN-GTLプロセス実証試験」   (独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構  
日本GTL技術研究組合
  論文名・業績 会誌掲載巻号数 所属 氏名
第55回 論説賞 「東部南海トラフ海域のメタンハイドレート探査における堆積学的手法の適用」 第75巻第1号 石油資源開発(株) 高野  修
(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 藤井 哲哉
(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 佐伯 龍男
(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 下田 直之
(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 野口  聡
石油資源開発(株) 西村 瑞恵
石油資源開発(株) 高山 徳次郎
石油資源開発(株) 辻  隆司
業績賞 「磐城沖ガス田のプラットフォーム撤去工事」   磐城沖石油開発(株)  
新日鉄エンジニアリング(株)
  論説名・業績 受賞者
第54回 業績賞 メタンハイドレート資源探査・開発技術にかかわる研究 田中 彰一・メタンハイドレート資源開発研究コンソーシアム
  論文名・業績 会誌掲載巻号数 所属 氏名
第53回 論文賞 「”turbidity current”と”turbidite”の用語をめぐる混乱をいかに克服するか-これらの用語の定義に関する歴史的一考察-」 第72巻 第1号 (独)産業技術総合研究所 徳橋 秀一
「岩船沖油田における海底扇状地堆積物の貯留層キャラクタリゼーション」 第73巻 第6号 石油資源開発(株) 山本 浩士
業績賞 「陸豊(Lufeng)13-1油田の探鉱・開発・生産操業」   新南海石油開発(株)  
新華南石油開発(株)
日鉱珠江口石油開発(株)
  論文名・業績 会誌掲載巻号数 所属 氏名
第52回 論文賞 「岩船沖油・ガス田のタービダイト砂岩への炭化水素移動・集積モデル」 第72巻 第1号 石油資源開発(株) 守屋 俊治
山根 照真
齋藤 雄一
加藤  進
(株)地球科学総合研究所 中山 一夫
業績賞 「本邦初のシンセティックベースマッド(SBM)導入」   石油資源開発(株)  
  論文名・業績 会誌掲載巻号数 所属 氏名
第51回 論文賞 「炭酸塩岩シーケンス層序に基づく油層地質モデリング−中東下部白亜系炭酸塩岩油田の例− 第71巻 第1号 ジャパン石油開発(株) 白倉 康隆
小原 英範
(独)石油天然ガス・金属鉱物資源機構 姫野  修
論文賞 「二次元境界を有する坑井圧力挙動の放射状坑井モデルによる近似解法とその応用」   帝国石油(株) 島本 辰夫
1.半径方向の貯留層物性変化を有する坑井モデルの近似解法とその応用−数値計算における安定性および速度の向上− 第71巻 第3号
2.単純な二次元境界を有する坑井圧力挙動の放射状坑井モデルによる近似解法  第71巻 第4号
3.複雑な二次元境界を有する坑井における等角写像を用いた複素速度ポテンシャルおよびS関数の導出ならびにその圧力挙動の放射状坑井モデルによる近似解法 第71巻 第5号
4.S関数を用いた坑井圧力解析の手順とその適用例  第72巻 第1号
業績賞 「静岡ラインおよび南富士幹線の建設・竣工による日本海側天然ガス田と太平洋側LNG基地とのパイプライン接続」   帝国石油株式会社  

一覧へ戻る

ページのTOPへ